ステップアッププログラム

商学部「先輩と語る−大学と社会−」を開催しました。

 

 平成21年11月27日(金)、濱田屋商店営業本部長兼横浜営業所所長の濱田隆作氏(平成5年商学部貿易学科卒)を講師に迎え、商学部主催「先輩と語る−大学と社会−」を1号館122教室で開催しました。

 濱田氏は、『世界へ羽ばたく 小さなモノづくり企業の若手リーダー』と題して、ボルトの製造卸の会社である濱田屋商店で、ブリッジ、高速道路、風力発電等の幅広い分野へ製品を輸入し、世界市場へ取引を拡大している現状を話されました。

 仕事に取り組む中で、世界市場において日本(人)が諸外国から遅れていることに危機感を抱き、必要な製品力と人間力で巻き返すことが大切であると意気込みを語られました。また、人間力を養成するには、挫折と奮起を繰り返す中で、知識だけでなく実行力、人間関係、財力、地位、そして人格を陶冶することが肝要であると、実社会において活躍する濱田氏の「生きた人間哲学」を披露していただきました。

 濱田氏のお話は、これから就職活動を控えた学生にとって、中小企業に対するイメージを変えるほどのインパクトがあり、また将来に対して前向きに頑張る気持ちをかきたてられたようです。

 

 

 

どんなことも前向きに捉え、日々新鮮な気持ちで生きることの大切さを学びました。就活にもその気持ちを活かそうと思います。  

 

日々の努力の積み重ねが将来につながることを改めて考えさせられました。  
いま日本人に求められているのは、ハングリー精神、感謝する心など内面的な力と、それを表現できる行動する力であることがわかりました。  
     
     
 

講師のプロフィール

濱田 隆作 (はまだ りゅうさく)
平成5年 商学部貿易学科卒業
濱田屋商店勤務
 
 


商学部ホームページ FSP 3-2 先輩と語る

Backnumberバックナンバーを読む