薬学部「先輩と語る―大学と社会―」を開催しました。

 平成25年8月5日(月)、薬学部を卒業後、大学院に進学し、様々な分野で活躍されている4名の卒業生を講師としてお迎えし、「大学院を卒業して活躍する先輩達」をテーマに、薬学部主催「先輩と語る-大学と社会-」を1711番教室において開催しました。当日は、第一期の実務実習を終えたばかりの5年生と教職員合わせて約240名が出席しました。
 今回の講演者は、いずれも学生にとっては父親と同じ年代にあたる先輩方であり、大学院で学位を取得し、現在は「薬局」「研究機関」「病院」そして「大学」の各分野で、現役の研究者あるいは医療人として活躍されています。
 講演では、先輩達が過ごした「古き良き時代」の学生生活、研究者の道を歩むことになったきっかけ、研究の魅力、寝る時間を惜しんで研究に打ち込んだ院生時代、お世話になった恩師、海外での研究生活、そして研究してきたことを今の仕事の中で各々どのように活かしているのかといった経験談を、時にユーモアを交えながらお話しいただきました。
 また、質疑応答では、研究の過程を通じて築かれた「人と人とのつながり」の大切さ、医療に関わる者として常に「研究マインド」を持ち続けることの重要性、薬剤師が持つ多様な可能性について貴重なアドバイスをいただきました。
 5年生は、実務実習を終えると、いよいよ各自が具体的な将来の進路を決める時期を迎えます。本日の講演を聞いて、今まで漠然と抱いていた「研究者」に対するイメージが、より身近で鮮明なものになったのではないかと思います。
 この講演を聞いた学生の中から、多くの「研究者」が生まれることを期待したいと思います。

 

大学を卒業してからが本当のスタートだと感じた。

 
 

薬剤師の持つ可能性の大きさを実感した。

 
 

卒業後も薬剤師としてステップアップしていく必要性を感じた。

 
 

研究職の魅力や面白さとともに、苦労もよく分かった。

 
 

薬学部生がなぜ「研究」を行うのか、よく理解できた。

 
 

薬学部出身者は、研究者として高い可能性を持つことが分かった。

 
 

臨床の場では、「学位」に裏付けられた「問題解決能力」が必要であると教えられた。

 
 

「人と人とのつながり」の大切さを実感した。

 
 

限界を定めず、可能性を探って、一生懸命挑戦していくことが大切だと感じた。

 
 

たくさんのメッセージをいただいたが、「夢見て、行い、考えて、祈る」という言葉が印象に残った。

 
 

女子学生にとっては、研究者への道はやや難しい気がした。

 
 

苦労があったと思うが、どの先生もそれをとても楽しそうに語られていたのが印象的だった。

 
       

講師のプロフィール
稲葉 一郎
(いなば いちろう)

昭和62年3月 薬学部製薬化学科卒 
熊本大学大学院薬学研究科修了
現職 セントラルファーマシー長嶺
代表取締役

山川 直美
(やまかわ なおみ)

昭和58年3月 薬学部製薬化学科卒
福岡大学大学院薬学研究科修了
現職 東京都健康長寿医療センター研究所 研究員

武田 泰生
(たけだ やすお)

昭和57年3月 薬学部薬学科卒
福岡大学大学院薬学研究科修了
現職 鹿児島大学医学部・
歯学部附属病院薬剤部教授・
薬剤部長

熊谷 嘉人
(くまがい よしと)

昭和57年3月 薬学部製薬化学科卒
福岡大学大学院薬学研究科修了
現職 筑波大学医学医療系教授


薬学部ホームページ FSP 3-2 先輩と語る