3つのステップ

1.学びへのステップ

4 大学から始める『言葉の力』育成プログラム 

「言葉の力」は「生きる力」

大学での4年間もしくは6年間の過ごし方次第で、知性や思考力は飛躍的に向上します。その成長のカギは、「言葉の力」の向上にあります。
私たちは「言葉」を使って自分の考えを表現したり、他人の考えを理解したりしています。つまり、「言葉の力」が不十分なままなら、表現力や思考力も未熟なレベルに留まります。「言葉の力」の向上こそ、みなさんの知的な成長の土台なのです。
「言葉の力」を向上させるにはまず、高校までの「国語」とは少し違うツールとしての「日本語」を学ぶ必要があります。柔軟に考え、自分の意見を相手に納得してもらえるように表現し、相手と理解し合うための日本語を、新しく学び始めてみませんか。
このプログラムでは、そうしたツールとしての「日本語」を、高校までとは違った「学生同士のコミュニケーション」を重視した方法で磨いていきます。新しい仲間とともに学ぶ楽しさと知的な興奮を、ぜひこのプログラムで体験してください。
目からウロコが落ちますよ。

  • 簡単なテーマで深く話し合うことができてよかった。ディスカッションの流れが理解できた。
  • 人に論理的に説明することの難しさを実感した。相手にわかりやすく伝えるには相手の立場に立って考えることが必要だと感じました。
  • 不安だった学生生活に光が見えました。他学部の学生と活動できたことで考え方の幅が広がりました。

実施プログラム

このプログラムは、様々な学部から集まった学生同士の「コミュニケーション」をベースにした、学生参加型の授業です。クラスは『基礎編』『発展編』『実践編』で構成されています。それぞれのクラスを複数回開講しますので、希望する学生はいつでも、何度でも受講することが可能です。「言葉の力」の向上はもちろん、多くの学生と知り合いになれるチャンスでもあります。詳細は決まり次第、FUポータル等にてお知らせします。

スケジュール

4月から6月にかけて、開講曜日・時限を変えて開講します。内容は1コマで完結しますが、盛りだくさんの内容なので、ぜひ何度か受講してみてください。その都度新しい仲間と出会え、毎回新たな発見がありますよ。

お問い合わせ:教育開発支援機構事務課(A棟地下1階)へ